記事一覧

エルスポ~モルック

 フィンランド生まれのアウトドアゲーム、Mölkky(モルック)をご存知ですか? 「モルック」と呼ばれる木製の棒を投げて、「スキットル」という木製のピンを倒すゲームです。つまりボーリングのようなもの。交互に投げて点数を競い、相手の得点を邪魔するところは、カーリングやビリヤードにも似ています。 母国フィンランドでは夏の間、サウナとビールを楽しみながらプレーする気軽なゲームとして親しまれているというモルック...

続きを読む

ヘルスケア~「冷房病」

  じめじめした梅雨が明け、いよいよ夏本番! 待ちに待った季節ですが、酷暑ともなるとエアコンをフル稼働させる人も多いのでは? 冷房による“冷え”は、さまざまな体調不良を招きます。夏の体調管理は「冷房病」対策から始めましょう。 ☘ なぜ「冷房病」になるの? 夏の間、私たちを悩まし続ける気象病に「冷房病」があります。具体的には、エアコンの効きすぎた部屋に長時間いることによって自律神経(交感神経、副交感神経...

続きを読む

新刊のご案内

『あっちゃんと語る被爆体験』が本になりました! 『エルダー・スタイル』運営会社 株式会社オフィスなかおか この春、3回にわたり特集した『あっちゃんと語る被爆体験』が本になりました! 本日8月6日より、オフィスなかおかのホームページで販売を開始します。<販売サイト>(『あっちゃんと語る被爆体験』第1回:http://officenakaoka.jp/blog-entry-21.html、第2回:http://officenakaoka.jp/blog-entry-22.html、第3回:...

続きを読む

レポート~“モノ”を届け心通うボランティアを

  プラネット(惑星)上をゆったり流れる運河のように、おおらかで温かみ溢れるボランティア活動が東京・武蔵野市を中心に広まりつつあります。主導するのは特定非営利活動法人「プラネットカナール」(武蔵野市吉祥寺)。運送や配送の隙間を活用した“スローまとめ配送”で、貧困や恒常的なモノ不足、災害復興などの中で、困難な状況にある子どもたちが必要とするモノを急がず、ゆっくり届けています。 提唱者は同NPOの鈴木...

続きを読む

ヘルスケア~「熱中症」

  ムシムシ、じめじめと不快指数が高まるこの季節。新聞やニュースで「熱中症」対策の特集が目につくようになります。熱中症になるのは、なにも本格的な夏の間だけではありません。梅雨の合間の湿度・気温の高い日なども、身体が暑さに慣れていないだけに要注意です。今回は、油断すると命にもかかわる「熱中症」を取り上げます。  ☘「日射病」から「熱中症」へ。実は屋内の方が危険??  「日射病」と聞いて、ノ...

続きを読む