記事一覧

語り継ぐ戦争<原爆>③

   広島で催された腹話術の全国大会をきっかけに、ようやく16年前から被爆体験を語り始めた小谷孝子さん(80歳)。原爆症で苦しんだ姉の力強い励ましが、それまでのためらいを前向きな気持ちに変えました。 技術面・精神面の不安から、なかなか一緒に話せなかった腹話術の人形「あっちゃん」とも、師匠の「亡くなった弟と話すように」というアドバイスで向き合えるようになり、千葉県庁での被爆証言を初めてコンビで挑...

続きを読む

語り継ぐ戦争<原爆>②

 6歳のとき、広島で原爆の惨禍に遭った小谷孝子さん(80歳)。倒壊した家の壁と柱の隙間にいたため、奇跡的にかすり傷で助かりました。2階にいた母も無事でしたが、祖母と姉、兄、弟が重症を負い、弟は4日後に息を引き取ってしまいます。 6年後、今度は一家を支えた母を原爆症で亡くしますが、残った家族と力強く生き、やがて幼稚園教諭になる「夢」もみつけました。 前途に希望を膨らませ、溌剌と暮らす小谷さん。しかし、快活...

続きを読む