記事一覧

今月の健康記念日

 毎年10月20日は国際デーの一つ、「世界骨粗鬆症(こつそしょうしょう)デー」です。1996(平成8)年10月20日、英国の骨粗鬆症学会が骨粗鬆症や骨代謝障害による病気の啓発を目的に始めたもので、翌97(平成9)年から国際骨粗鬆症財団(International Osteoporosis Foundation:IOF)が引き継ぐ形で実施。日本では公益財団法人 骨粗鬆症財団が2008(平成20)年より推進しており、現在90を超える国がキャンペーンに参加しています...

続きを読む

今月の健康記念日

 毎年9月の第3月曜日は「敬老の日」です。 そして、その前日が「心・血管予防デー」なのをご存知ですか? (一社)日本心・血管病予防会が、検診を受けることで血管に由来するさまざまな疾病を予防、発見する意識を多くの人に高めてもらおうと(一社)日本記念日協会に申請し、2013年に認定・登録されました。今年の敬老の日は9月20日。なので、「心・血管予防デー」は19日です。でもなぜ、この日が心臓や血管の予防と関係して...

続きを読む

今月の健康記念日

 今年から8月29日は「馬肉を愛する日」です。長野県の馬肉加工・販売会社(株)若丸が(一社)日本記念日協会に申請し、5月に認定・登録されました。別名「桜肉」とも呼ばれ、刺身にすれば食卓に華やかな彩りを添える馬肉は、低脂肪・低カロリーなのに高タンパク質なヘルシー食材で、ビタミン、ミネラル、鉄分、カルシウムなどの栄養素も豊富。そのうえ、スタミナ増強や疲労回復を促進するグリコーゲン、美容効果のあるアミノ...

続きを読む

今月の健康記念日

 今年の「土用の丑の日(どようのうしのひ)」は7月28日(水)です。この日にうなぎを食べてスタミナをつけ、猛暑を乗り切ろうという習慣が私たち日本人に根付いています。でも、「土用の丑の日」は夏以外にも、春や秋にも、冬にもあります。なのになぜ、夏のイメージが強いのでしょう? それになぜ、うなぎが食べられるようになったのでしょう?今回は知っているようで知らない「土用の丑の日」の意味や、夏バテ防止にうなぎを食...

続きを読む

今月の健康記念日

 6月22日は「DHAの日」です。大手食品会社のマルハニチロ(株)がDHAの健康効果を広く世の中に知ってもらおうと(一社)日本記念日協会に申請し、2012年6月に認定・登録されました。でも、なぜ6月22日がDHAの記念日になったのでしょう? それは、DHAの分子構造に理由があるそうです。今回はDHAの雑学やDHAがもつさまざまな健康効果や、多く含む食材、効果的な吸収方法などを紹介しましょう。   🕊6月22日が「DHAの...

続きを読む

Presented by

スポンサーリンク